teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ども、はじめましてです

 投稿者:日々野英次  投稿日:2008年 6月 6日(金)22時33分42秒
  放置してたのでレス遅れすみません。

> 及川氏
 また連絡します。

> 夜氏
 これはこれは、はじめましてです。
 一応第1部ということで内容は総て終わりました。
 もっとも、殆ど伏線を解決せずストーリーの流れに合わせて総て終わらせたので、謎っぽい部分は総て残ってます。
 今後は怖ろしく遅筆になりますがこれからもまた応援よろしくおねがいします。

> おーかみさん
 |彡サッ
 
 

(無題)

 投稿者:白い狼さん  投稿日:2008年 5月31日(土)22時48分17秒
  |д゚)カンサツ  

はじめまして。千の無謀は最強だと思う日々。

 投稿者:  投稿日:2008年 3月31日(月)09時03分1秒
  はじめまして。
えぇと、かなり初期の頃からROMしてた者です。大体イメージイラストが出た頃には読んでたかな?メルマガも呼んでましたし。初めから。まぁ、パソコン潰れちゃったんですけどね。故にデータもパー。
新規パソコンで一から検索して、久々に来てみたら魔王の世界征服日記…あれ? 完結してる?
本編全部読み直しました。
というか、頭の中で「人、神、機」とか、後頭部に針さして進入する話だとかがちらほら。
「逆襲の」とか「えくせれんと」とか、そんな感じで続きを期待しております。
以上。

http://yoruirozakki.blog4.fc2.com/

 

さいたま市民

 投稿者:及川四郎  投稿日:2007年11月 7日(水)10時49分38秒
  さいたま市民になりました。
なんでひらがななんだろう?
携帯番号は変わってないから近くに来たら電話してください。
 

を、おー!

 投稿者:日々野英次(かんりにんさん)  投稿日:2006年 8月14日(月)23時34分31秒
  「久々の書き込みだよ!あたらしいひとだよ!」
「興奮しないでください。失礼です」
「いやだってほらもう、なんだ、その、嬉しいからそのね」

そんな感じのえーじですこんばんわ。
ありがとう御座います。そう言っていただけると幸いです。
ゆっくり楽しんでください。
 

初めまして

 投稿者:渓谷  投稿日:2006年 8月13日(日)20時33分31秒
   初めまして。渓谷と申します。「魔王の世界征服日記」過去連載の第二部まで拝読しました。
 ギャグの中に時々きらりと光るシリアスがなかなか奥深いと思います。ネタバレだといけないので具体的に言及するのは避けますが。
 また続きを読むことにします。

http://www7.plala.or.jp/keikoku/index.html

 

ちょっとシリアスちっくな流れでしたので

 投稿者:日々野英次  投稿日:2005年12月25日(日)01時17分11秒
  ☆を飛ばす程は楽しめなかったようでした。

私の場合、神が全知全能であることはありません。
ユーカの言ってるとおり、あの世界は神は存在しません。
宗教のようなものは『哲学』のような形で、しっかり土着してるんですが(だからサンタの話がでてくる)。

たぶんではなく言い切りましょう。まおの話でまおの世界そのものの謎と解説は全く行いません。
彼女を中心としたお話を終えることで終了とします。

世界の謎やひみつについては、次回作に乞うご期待!ということで。
 

少し残念

 投稿者:鈴神楽メール  投稿日:2005年12月24日(土)09時29分48秒
  ケーキだけは楽しんで食べてほしかったですね。
バグですかー。
でも神に一番近い存在難しいですね。
富士見のオーフェンでは、神は全知全能かつ零知零能だったが、魔術が生まれたことで、肉体を得たことで全知全能でも零知零能でもなくなりました。
まお様っていわゆるバグによって生まれたそんな存在なのかもしれませんね。

全てが出来る神様は何も出来ない。
しかし、バグによって出来ないことが出来た為に出来ることは発生した。
それが故に、何をしていいかを悩まないといけない存在になりさがった神様って感じを覚えました。
何かを決断したまお様に期待して、次回を待っています。

http://www.geocities.jp/suzukagura_15/

 

かみさまのおはなし

 投稿者:日々野英次  投稿日:2005年12月18日(日)21時37分45秒
  毎回感想ありがとう御座います。
実は時々鋭い話があるのであえて直接反応しないのですが。

どこまでが真実で、どれが脚色で、果たしてまおの言う『物語』はどれを指しているのか。
裏切りの神は、何に反対して何を求めて神を滅ぼしたのか。
そして彼らはどうなったのか。

英雄譚の真実は、果たして語ることができるんだろうか(笑)
盛り上げていきますよー。楽しみに待っててくださいね。
 

これでは、まるで

 投稿者:鈴神楽メール  投稿日:2005年12月17日(土)12時56分56秒
  人間同士を争わせない為に魔王が居る。
そんな感じを受けました。
魔王も魔物も人間が増えすぎず減り過ぎない様調整するためのシステム。
それに破綻が来て、そしてまおが、不完全な物語からの抜け出しをたくらむ。
ある意味、この展開は好きです。
どんなに人間様によくても、誰かを固定に犠牲にしていくシステムは間違っています。
まったく犠牲のない方法はないが、それを固定にする必要はないと思いますから。
次回を楽しみに待っています。

http://www.geocities.jp/suzukagura_15/

 

レンタル掲示板
/10