teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


首里園芸フェアー今年の企画

 投稿者:吉田朝啓メール  投稿日:2010年 8月13日(金)10時11分36秒
返信・引用
  城下町首里に今年も秋の伝統行事「首里文化祭改め:琉球王朝まつり首里」がやってきます。11月3日(文化の日)を中心に、海洋博記念公園企画の「首里城まつり」も行われ、首里は祭り一色に染まりますが、その最中(10月31日~11月7日)に、第4回首里園芸フェアーが開催されることをお知らせします。場所は例年の農協首里支店グリーンセンター駐車場で、参加団体:首里高校・県立一中養秀同窓会文化部「養秀園芸サークル」、海洋博記念公園(芳香性植物)、徳元行雄クロトン園、首里まちづくり研究会(首里竜潭通りの街路樹)、真謝種苗園(サボテン)、沖縄ボリビア協会(熱帯果樹、花木)、那覇市環境政策課(屋上緑化事業)、沖縄地球温暖化対策協議会(駐車場緑化)、首里城下にチョウを 翔ばそう会(蝶の食草)などです。首里振興会緑化担当顧問、吉田朝啓;090-1942-4005  
 

首里親国1号投稿修正

 投稿者:慶佐次興和メール  投稿日:2010年 7月23日(金)22時46分23秒
返信・引用
  修正します。済みませんでした。
済んだ行事は1、の第13回資金造成ゴルフ大会(7月6日)のみでした。
2、3,4、5、6、7、は7月以降の行事ですのでご了承願います。
首里大学は那覇市歴史博物館文化講座と連携で1・2・3・4・5・6回講座で6回で
1500円です。定員40名です。場所は首里公民館です。古式行列び参加できます。

http://syuri-sinkoukai.com/

 

首里親国(振興会だより1号)

 投稿者:慶佐次興和メール  投稿日:2010年 7月23日(金)22時35分33秒
返信・引用
  久方振りの投稿です。済んだ行事を報告します。
1、7月6日(火)は沖縄カントリーで第13回資金造成ゴルフ大会を257名で行いました。
2、「首里大学健康いきいき講座」を8月28日(土)午後4時~首里石嶺公民館で行います。
3、「首里大学」を那覇市博物館連携講座を9月に行います。チラシは後日公民館に置きます
4、ウオーキング大会を10月24日(日)午前10時に首里城公園に集合して開始します。
5、11月2日(火)・3日(水)琉球王朝祭り首里の一環として伝統工芸展・物産展を行います
6、10月30日(土)首里振興会祝賀会を首里公民館で行います。
7、11月3日(水)琉球王朝祭り首里の古式行列と各自治会等の祝賀パレードを行います。

http://syuri-sinkoukai.com/

 

戦後の沖縄県民の歩み

 投稿者:吉田朝啓メール  投稿日:2010年 1月30日(土)15時54分15秒
返信・引用
  「首里はなんて荘厳なのだ!」さん。たっぷりの感想文、ありがとう。沖縄は琉球の頃から立派だったと、面映ゆいほどのおほめですが、戦後も逆境にありながら、県民はみな一生懸命に頑張ってきましたよ。この辺の下りは、小生のホームページに詳しく述べておりますから、どうぞ開いてみてください。吉田朝啓の文字でクリックすれば出てきます。特に、「琉球衛研物語」の項目をご覧下さるといいでしょう。吉田。  

カジノより琉球文化

 投稿者:首里城はなんて荘厳なのだ!!  投稿日:2010年 1月25日(月)22時56分10秒
返信・引用
  吉田朝啓様

暮れに投稿いたしました[首里城はなんて荘厳なのだ!!]の者です。
初投稿の者へ吉田様から琉球文化継承の意気込みを語っていただき、大変感動いたしました。
先ずは御礼申し上げます。

琉球文化の継承ということですが、
私は日本で育ちながら本当に日本のことを知らない、
ということを北京で留学していた時に痛感したことがございます。

流行の歌手、俳優、ファッション等等現代のことはいくらでも話せたのですが、外国人が質問してくるのは歴史、伝統、文化などの古臭いことばかりでした。

伝統や歴史嫌いで、自由主義?リベラリスト?自称グローバリスト?どちらかというとそんな考えでした。

しかし外国人が知りたい日本は、流行っては消えていく安っぽい物ではなく、
日本という国が2000年以上もの間なぜ続いてきたのか。
長い歴史の中でどのような伝統文化が育まれて来たのか?

彼ら彼女たちは長い歴史の中で培われた日本の伝統文化の真髄を知ることで、
日本をもっと好きになり、
自らが心から愛する自分の国を精一杯目をキラキラさせながら体ごと私に伝えてくれました。

友人から教わったグローバルとは、
自分の家族、地域社会から国を愛すること、
そして相手の国の習慣・文化・歴史を受け入れていくことで、
また、自らの国を愛することができるということがグローバルだということを教わりました。

自由主義・民主主義なんだから、
今更どうして先祖の歴史の事を知る必要があるかの?

こうした単純な考えの自分でしたが、先祖達が一生懸命に日本という国を社会を家族を守ってきてくれたからこその自分である筈なのに、
入り乱れる情報に踊らされ自由自由といってきた自分はただの無秩序な人間でした。

先祖の偉業という護り、囲いがあってこそ今得られる自由です。
国と言う字から自分がうっとうしいと感じていた囲い(家族の愛情・地域の繋がり・国という先祖が築いてきた尊い宝物)をとればまさに無法・裸の王様でした。


孫子の兵法書「彼を知り己を知れば百戦殆(あやう)からず」


前置きが長くなりましたが、私がなぜこちらに投稿させていただいたのか。
それは首里文化祭実行委員会の皆様が今新たに「大グローバル王国琉球」の再興に本当に懸命に努力されているんのだと感じたからです。

琉球王国の時代は国の大きさからいえば琉球は小さな国土であったかもしれません。
形式上では中国に朝貢していましたが、それは決して属国になるのではなく、
自主独立王国として堂々と大国相手に“万国津梁による貿易によって繁栄”を築いていたと思います。


様々な国と渡り合った琉球こそが、
当時の本当の意味でのアジアの中心だったかもしれません。
琉球人は本当にどんな大国とも渡り歩いたスケールの大きな大グローバル時代を既に築いていたんだと思います。


何とも粋な琉球男子!女子!!
それを今まさに再興しようとされる実行委員会の皆様は格好いい!!

本当に色々と沖縄に関する本を読むと琉球の偉人そして皆様にはワクワクさせられます。

最後に・・
こちらのコミュニティで多くの方の意見交換や文化の再興に向けて参加させていただけるのは本当に楽しみです。
どうか古の“大グローバル王国琉球”の文化再興に向けて頑張ってください。
本当に応援しています。

またまた長文すみません。
こちらに投稿するとどうも興奮してしまいます。
ワクワクします。

またこうした実行委員会の方が年間を通じて様々な伝統文化を伝えてくださる。
沖縄の方はグローバル人になれる素敵なチャンスをいただいてますね。
 

琉球文化の継承

 投稿者:吉田朝啓メール  投稿日:2009年12月26日(土)15時04分53秒
返信・引用
  21日のご投稿にある「すばらしい琉球文化を創り上げた先祖に感謝し、いく千年にも続く無形の琉球文化を、首里に住む住民こぞって継承していくことの大切さ」を強調して下さった”荘厳なのだ・・・”氏に、感謝します。首里城は戦災によって消滅しましたが、まず、生き残った首里市民の有志によって「守礼門」が復元され、数年後に首里城復元期成会が発足することによって政府による復元事業が構想されました。いまでは戦前を上回るほどの荘厳なたたずまいで、再び首里台地に現れ、地元住民はもとより、訪れる人すべてに感動を与えるほどとなっています。
城下町の首里に住む人も戦前を上回るほどに増え、一見町は繁盛しているようになりましたが、果たして、世界遺産の重みを支えるほどの市民文化と住民の気概が備わっているかと、考えると、内心忸怩たるものを覚えます。絶えず平和を願い、”万国津梁による貿易によって繁栄をもたらした祖先の偉業に習い、これからも有形の文化だけでなく、無形のさまざまな文化の花を咲かせたいと、首里振興会が懸命の努力を続けております。時間がかかりますが、どうぞこれからも叱咤激励のほどよろしくお願いいたします。吉田。
 

琉球王国の世界無形文化遺産

 投稿者:首里城はなんて荘厳なのだ!!  投稿日:2009年12月21日(月)23時53分7秒
返信・引用
  写真じゃなくて本当に首里城が見に行きたい!!
首里城の写真を見るたびに本当に琉球王国時代の荘厳さを感じます。
その時代に生きた琉球人の偉大さを感じます。

正直、世界文化遺産の基準はよくわかりませんが、
しかし、こちらの首里文化祭実行委員会様のご紹介を拝見するに、
首里城やその文化の発信に対する、沖縄の方々の熱い熱い一歩一歩の歩こそが世界文化遺産だと感じます。

ただ、首里城はその跡地が世界文化遺産であって、
せっかく皆さんが再建された首里城や、
様々な伝統行事が世界文化遺産でないのは納得がいきません!!

私は中国に留学したことがあり、
その当時に知り合った韓国の友人の招待で、韓国の宗廟祭を見に行ったことがあります。

本物の王様はいませんが、
その末裔の方々による厳粛でしきたりに則った儀式は、
見ている側もなんともその当時を忍ばせるような素晴らしい伝統行事です。

国内でも各地のお城の大名行列を見たりしますが、
荘厳でその当時の雰囲気を感じれるようなものでは残念ながらありません。
やはりその時に楽しいイベントなのです。

韓国の宗廟祭との違いは、
国王の子孫の方も、それを見守る韓国国民自身もが国に誇りをもち、
先祖に感謝の気持ちを皆さん一丸となってその伝統儀式に向けているからだと感じました。
また、そこに参加することにより自らのルーツを感じることができると友人も感想を述べておりました。

県外の人間がとやかく言うのは沖縄の皆様に怒られるかもしれませんが、
私は古式行列やその他の素晴らしい伝統行事など、
やはり首里城に住んでおられた末裔の方に儀式に参加していただき、
共に沖縄の皆様が手を取り合い、現代に続く華麗で荘厳な一大絵巻なる琉球の伝統を見させていただきたいのです。

すばらしい琉球の歴史を作ってくださった先祖に心から感謝の意を表し、
幾千年に渡る琉球文化の繁栄を、
世界に伝えていっていただきたいです。

琉球は!!
世界文化遺産だけではないーーーーっ!!!

世界無形文化遺産も世界記録遺産もこの琉球にはあるんだぞーーーー!!!
と沖縄の方々が自慢してくださる日を楽しみにしております。

長文になりましたが首里文化祭実行委員会の皆様どうぞこれからもお体に気をつけてがんばってください。
お金ためて首里城見に行きます!!

http://kotobank.jp/word/%E5%AE%97%E5%BB%9F
http://www.koreanculture.jp/korea_culture01.php
 

石川遼プロ首里城見学

 投稿者:こーわメール  投稿日:2009年12月20日(日)20時32分45秒
返信・引用
  石川遼ゴルフ男子賞金王が家族と首里城を12月20日(日)見学しました。昨日はドラコン日本一を決める大会を琉球ゴルフ倶楽部南8番コースで開催されました。1位は401ヤード、2位400ヤード、遼氏は4位368ヤードとなった。実力NO1で人気があり、18歳で氏が1歳の時首里城が復元しました。1853年にペリー提督が琉球国王へ謁見するときに守礼門を一行と通り抜ける時の様子を絵師が描いた守礼門を見せました。大変感心していました。30分程度の時間しかなく、急ぎ足の見学でした。案内者:慶佐次興和

http://www.naha-navi.or.jp

 

城下町の屋上緑化

 投稿者:首里振興会メール  投稿日:2009年11月30日(月)17時44分59秒
返信・引用
  那覇市の広報誌によると、市の屋上緑化推進事業の一環として、屋上、壁面、ベランダの緑化に取り組む市民に対して、5千万円の予算を組んで、プランターを無料提供するということです。かつて、モノレール沿線だけだった対象が広く市域全面に拡大され、風格のあるまちづくりを目指す市政にいよいよ弾みがつきました。城下町首里では、むしろ率先して屋上の緑化に取り組むことを提唱します。小生も早速市の環境保全課に行って早速申請書を出しました。モノレールから眺められる家だけでなく、首里全体の屋上が花と緑で覆われる姿を想像するだけで、愉快ではありませんか。どうぞ皆様の積極的な参加をお奨めします。吉田朝啓(振興会顧問、自称緑化部部長)  

第三回首里園芸フェアー

 投稿者:首里振興会メール  投稿日:2009年11月11日(水)14時28分10秒
返信・引用
  琉球王朝まつり首里のシーズンに合わせて、首里振興会主催という名目をお借りして、養秀園芸サークルの面々が、首里石嶺大通りで開催した「首里園芸フェアー」が、無事、終了しました。首里振興会は役員人事もすんなり進んで、城下町首里の振興のために、現在着々と各種事業に取り組んでいます。伝統行事である「古式行列」だけでも大変な準備作業と広報・動員、後始末の大仕事があり、これに「緑化花いっぱい」の新事業を加えることは、無理ですので、有志として養秀園芸サークルの面々が毎年園芸フェアーを開催しています。城下町首里を緑と花で包み、さらに風格ある町を目指そうと、努力しているところです。今年も広報不足のためか、展示会場への出足は今ひとつでしたが、来年は那覇市役所首里支所も完成予定であるし、農協首里支所も新築される見込みですので、首里園芸フェアーも一段と華やかに、豊かに、実施しようと、会員一同意気込んでいますので、どうぞご期待の上、お力添えいただきますよう、お願いいたします。吉田朝啓。  

レンタル掲示板
/17